BINANCE(バイナンス):仮想通貨 海外取引所案内

今年になって仮想通貨デビューをした皆さん、
国内取引所では扱ってない通貨も買いたくなってきているんじゃないでしょうか。

でも
  「海外取引所はどこを使っていいかわからない」
  「安全性に不安がある」
  「英語はわからない」
  という方も多いのではないでしょうか。

BINANCE(バイナンス)はそんな悩みを取り除いてくれる取引所ですのでご紹介します。
もちろん日本人でも安心して使えるように日本語で表示がされます。下記には日本語ページの画面もありますので、気になる方は、まずこちらをご覧ください。

目次

知っておきたいBINANCE(バイナンス)の基本情報

BINANCE(バイナンス)は、月間取引高が世界有数の仮想通貨取引所です。また、取扱通貨は1000種類を超えています。2017年7月に香港で創業されましたが、その後マルタ島に本拠地を移してます。

月間取引手数量は8兆円を超えており、2021年3月にコインチェックが1000億円を超えたとリリースしましたが、その80倍以上です!

取扱仮想通貨数700超
スマホ対応あり
スマホアプリ対応iOS
Android
取引方法現物取引/デリバティブ取引
サービス開始時期2017年7月
月間取引量800億ドル≒8兆800億円(2021年3月時点)
URLhttps://www.binance.com/

高いセキュリテイ

仮想通貨取引でもっとも重要視したいのがセキュリテイです。
BINANCE(バイナンス)は2019年に国際標準化機構(ISO)が定める基準を満たしたとして、情報セキュリティ認証を受けています。BINANCEのように「情報セキュリティ認証を受けている」ときちんと告知している取引所はまだまだ数が少ないので、安心できますね。

セキュリテイ基準国際標準化機構(ISO)取得済み(2019年)
補償・保険制度あり
セキュアアセットファンド(SAFU)
KYC必須(日本語対応)
2段階認証あり
・電子メール認証
・google authenticator対応
icon-app-storeicon-google-play-store

BINANCE(バイナンス)を選ぶ理由

取扱通貨の豊富さ

BINANCE(バイナンス)では、現在1000種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

NEWS WEEKの記事イーロン・マスクが急騰させた「ドージコイン」ってナンだ? で有名になったDOGEコインや、Bloombergの記事仮想通貨「ポルカドット」への注目高まる-時価総額が世界8位にのように全世界が注目しているPolcadot($DOT)のような有名コインから、現在は無価値でも将来価値が上がる可能性のある草コインまでさまざまなものが取り扱われています。

サッカーが好きな人は「AC Milan(ACミラン)」の公式ファントークンである「$ACM」のように、趣味に合わせたコインやトークンを探すのも面白いと思います。

取引手数料は国内取引所の1/10以下!

BINANCE(バイナンス)の取引手数料は0.1%です。
更にBINANCE(バイナンス)が発行する独自トークン「バイナンスコイン(トークンアイコン BNB」で支払うと取引手数料が後から25%戻ってきます。

バイナンスコイン(トークンアイコン BNB)で支払う方法

日本語に対応した使いやすい画面

海外取引所のBINANCE(バイナンス)ですが、日本語にしっかりと対応してくれています。
一部ニュースページなどで英語表示されることがありますが、普段利用する際は日本語だけで困ることはまずありませんので安心してください。

安心して使えるBINANCEのページ(日本語)

ウォレット内も日本語に対応

クレジットカードで入金が可能

「BINANCE(バイナンス)では日本円が使えない」のような記載を目にしますが、日本円でコインの購入が可能です。ただし日本の取引所のように銀行振込は行えませんので、注意が必要です。

BINANCE(バイナンス)の注意点

BINANCE(バイナンス)を使う上ではいくつか注意点があります。

日本人は海外取引所を使えない?

日本人が仮想通過の取引を行う場合、仮想通貨交換業登録が行われている取引所を使うよう金融庁から指導されています。このため使う場合はあくまでも自己責任で行っていただく必要があります。

日本円の出金ができない

BINANCE(バイナンス)から日本の銀行口座へ日本円で直接出金は行えません。BINANCE(バイナンス)から出金をしたい時は、まず国内の仮想通貨取引所にビットコインやリップルに換金後に送付してから、出金をする必要があります。

注意点もありますが、BINANCE(バイナンス)は間違いなく世界最大規模の取引所です。日本人にとっての敷居もけっして高くなく、使いやすいと思います。

海外仮想通貨取引所一覧

海外の仮想通貨取引所は取引所と、DeFiなどを含めると100カ所以上になりました。
海外の仮想通貨取引所では国内では行っていないようなさまざまなサービスを行っています。
仮想通貨の販売・交換を行っている取引所、レンディングというユーザー間の仮想通貨の貸し出しサービスを提供しているところ、通貨ペアの両方をユーザーから借り、両替ができるようにするサービスまで行うDeFi(デフィ)と呼ばれる分散型金融をメインにしている取引所があります。

基本を知ろう!DeFiの仕組みがよくわかる簡単ガイド

海外の仮想通貨(暗号資産)取引所

サイト名URL日本語使いやすさ
BINANCE(バイナンス)https://www.binance.com/対応
OKEX(オーケーイーエックス)https://www.okex.com/未対応
Kraken(クラーケン)https://www.kraken.com/対応
Poloniex(ポロニエックス)https://poloniex.com見未対応
HUOBI(フォビ)https://www.huobi.co.jp対応
Crypto Exchange(クリプトエクスチェンジ)https://Crypto.com未対応
HitBTC(ヒットビーティーシー)https://hitbtc.com/未対応
BITFINEX(ビットフィネックス)https://www.bitfinex.com/未対応

海外の分散型仮想通貨取引所 DeFi

分散型金融と言われる仮想通貨取引所が2018年頃より出始めましたがDeFiで日本語に対応しているサイトはありません。
このため日本人には、わかりにくく利用するにはハードルが高くなっています。
ただしDeFiへの投資や仮想通貨の預け入れを行うと高い金利とトークンの報酬、トークンの売却利益などさまざまな恩恵が得られるため、よく調べた上で使ってみるといいと思います。

基本を知ろう!DeFiの仕組みがよくわかる簡単ガイド

サイト名URL
AAVE(アーベ)https://aave.com/
YFI(ヤーンファイナンス)https://yearn.finance/
Compound(コンパウンド)https://compound.finance/governance/com
Reef Finance(リーフファイナンス)https://Crypto.com
Uniswap(ユニスワップ)https://uniswap.org/
Chainlink(チェインリンク)https://chain.link/
Wrapped Bitcoin(ラップドビットコイン)https://wbtc.network/
SushiSwap(スシスワップ)https://sushi.com/
PancakeSwap(パンケーキスワップ)https://pancakeswap.finance
Maker(メーカー)https://makerdao.com/
DAI(ダイ)

DeFiではUniswapやPancakeSwapが比較的人気です。

PancakeSwapはBINANCE(バイナンス)のスマートチェーン(BSC)を使っているため比較的安全性の高い取引所といえます。またトラブルなどの際にはBINANCE(バイナンス)が対応に当たっていることも安心できるところです。
DAIは老舗の取引所OKEXがDaiトークンを大量に保有しています。
DeFiで取引を始める時は、このように大手がサポートやトークンをホールドしている所から始めることをお勧めします。